2008年09月24日

福岡・小1殺害 男児の言葉に絶望 容疑の母 動機供述 「何もしてくれない」










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000000-nnp-l40

福岡市西区の小戸(おど)公園で内浜小1年富石弘輝(こうき)君(6つ)が殺害された事件で、殺人容疑などで逮捕された母親の富石薫容疑者(35)が、体が不自由なため弘輝君にトイレ介助を頼んだ際「何もしてくれないのにお手伝いばかりさせられる、と言われて絶望的になった」と動機を供述していることが23日、分かった。関係者が明らかにした。

 関係者によると、薫容疑者は病気のために手足が不自由で、1人で立ち上がることも容易でないという。弘輝君は情緒障害で特別支援学級に通っており、薫容疑者は十分に子育てができないことを悩んでいたという。
薫容疑者は18日午後、公園の身障者用トイレ内で、弘輝君の首をひも状のもので絞めて殺害し、トイレ裏に遺体を捨てた疑いで22日、逮捕された。

 薫容疑者はこの際、園内の遊具コーナーで遊んでいた弘輝君に「トイレに行くから助けてね」と介助を求めたが、弘輝君にトイレ内で反発されたため「絶望して、もうどうなってもいいと思った」と話しているという。

 県警はトイレ内で衝動的に殺意を抱いた疑いが強いとみて、経緯を調べている。薫容疑者は遺体を遺棄した理由については「雑木林の方に歩いていったが、限界がきてトイレ裏に置いた」と供述している。

 一方、薫容疑者が首を絞めるのに使った凶器は、持参したひも状のものである疑いが強いことも判明。関係者によると、薫容疑者には自殺願望があり「いつでも死ねるように持ち歩いていたゴムホースを使った」と話しているといい、県警が裏付けを進めている。

=2008/09/24付 西日本新聞朝刊=

小1殺害 凶器、持参のひもか 県警調べに容疑の母供述 「背後から絞めた」
福岡市西区の小戸(おど)公園で内浜小1年、富石弘輝(こうき)君(6つ)が殺害された事件で、殺人容疑などで逮捕された母親の会社員富石薫容疑者(35)=西区小戸3丁目=が使用した凶器は、弘輝君の携帯電話のストラップ(首に下げるひも)ではなく、当時所持していた別のひも状のものである疑いが強いことが22日、福岡県警の調べで分かった。薫容疑者が供述をしており、県警は詳しく調べて凶器の特定を急ぐ。

 調べでは、薫容疑者は18日午後3時20分ごろ、小戸公園にある公衆トイレの多目的トイレ室内で、弘輝君の首をひも状のもので絞めて殺害し、トイレ裏側の外壁と柱のすき間(幅約55センチ)に遺体を捨てた疑いで逮捕された。

 県警は当初、弘輝君の首に残る圧迫痕の形状から、凶器は携帯電話のストラップの疑いが強いとみていた。しかし、薫容疑者は任意の調べに、凶器は当時持っていた別のひも状のもので「背後から絞めた」と供述。県警は首の圧迫痕と照合し、これが凶器の可能性が高いと判断した。

 県警によると、薫容疑者は動機について「自分が病気を抱えているため将来を悲観し、子どもを殺して自分も死のうと思った」と話す一方、「最初から殺すつもりはなかった。衝動的に首を絞めた」と供述している。県警は、自殺するためにひも状のものを用意していた可能性もあるとみており、犯行の計画性の有無も調べる。

 薫容疑者は18日午後3時ごろ、弘輝君と2人で公園を訪れ、午後4時ごろ「トイレに行き、(弘輝君から)目を離した2、3分の間に行方が分からなくなった」と110番通報していた。

=2008/09/23付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/49264

発見現場に尿反応なし、殺害場所の特定急ぐ 福岡・小1男児殺害
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/180241/
福岡市西区の小学1年、富石弘輝君(6)が首を絞められ殺害された事件で、弘輝君が見つかった公園トイレ裏の地面には、絞殺時に現場から出ることが多い尿反応がほとんどなかったことが21日、福岡県警捜査本部の調べで分かった。

 発見時、はだしだった弘輝君の足に土砂が付着していなかったことも既に判明。捜査本部は、弘輝君がトイレ裏とは別の場所で殺害されたとの見方を強め、トイレ内の個室なども含めて特定を急いでいる。失禁の痕跡を示す尿反応は、絞殺や首つり自殺などの現場から検出されることが多い。弘輝君の着衣からは少量の尿反応が検出されている。

 調べによると、弘輝君はトイレ裏側の外壁と柱のすき間で、背中を壁にもたせかけて座り込むような状態で見つかった。現場の地面には尿反応がほとんどなく、周囲に子供の足跡などもなかったという。

男児、はだしの足汚れず…別の場所で殺害か 福岡小1殺害事件
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/180193/
福岡市西区の小学1年、富石弘輝君(6)が首を絞められ殺害された事件で、公園のトイレ裏で発見された時にはだしだった弘輝君の足がほとんど汚れていなかったことが、福岡県警捜査本部の調べで分かった。はいていたサンダルは、弘輝君の足元にそろって置かれていた。

 発見現場のトイレ周辺は土で覆われているのに、はだしの足に土砂が付着していないことから、捜査本部は弘輝君が発見現場とは別の場所で殺害され、人目につかない現場に遺棄された疑いもあるとみている。また、県警の捜索で発見された弘輝君の携帯電話は、トイレから北へ数十メートルの雑木林の中にあったことも新たに分かった。

 調べによると、弘輝君の体には足を含めて汚れや着衣の乱れはなく、現場周辺で悲鳴などに気付いた人も見つかっていないという。


男児のGPS携帯公園内で発見 福岡小1殺害事件
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/180084/
福岡市西区の公園で小学1年富石弘輝君(6)が首を絞められ殺害された事件で、福岡県警捜査本部は、首からつるすひもが凶器に使われたとみられる弘輝君の衛星利用測位システム(GPS)機能付き携帯電話を公園内で発見した。

 調べによると、携帯電話は、弘輝君が見つかった現場からなくなっていた。捜査本部は、犯人が携帯電話のひもを使って弘輝君の首を絞めた後、捨てた疑いがあるとみて捜索。捜査本部は、GPSの記録から携帯電話が現場周辺をどう移動したのか調べている。

 弘輝君は、18日午後3時半ごろ、母親の薫さん(35)がトイレに入った2、3分の間にいなくなった。近くにいた人が周囲を探して薫さんのところへ戻ろうとした際、トイレ裏側の外壁と柱のすき間で弘輝君を発見した。

性的欲求? 自分の存在誇示? 児童狙う事件に識者は
幼い児童や園児が狙われる凶悪事件が後を絶たない。千葉県東金市で21日、市内の保育園、成田幸満ちゃんが全裸で倒れ、死亡しているのが見つかった。3日前には福岡市で小1男児が殺害される事件が起こったばかり。なぜ子供が狙われるのか。識者に聞いた。

 元警視庁捜査1課長の田宮栄一氏(75)は「子供を狙った犯罪は、まず幼児性愛者による可能性がある」と指摘。そのうえで「大人とうまく付きあうことができない若者が、自分の欲望を満たそうと子供に向かうのではないか」と話す。
 さらに「複雑な社会にうまく適応できない若者が不満を抱え、自分より弱い者に刃を向けるケースも考えられる」とも述べた。

 また、福島章・上智大名誉教授(犯罪心理学)は「最近は、社会から疎外された気持ちを強めた若者が自分の存在を誇示する手段として、遊び感覚で、手っ取り早く自分よりも弱い子供を狙う犯罪が多い」と分析。「マスコミで事件が取り上げられることで、自分が有名になり、何か達成感を得たような気持ちになっているのではないか。こうした傾向は30代までの世代に強い」と話している。

家族が取材自粛を要請 福岡の小1男児殺害
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/179896/
福岡市西区の公園で小学1年、富石弘輝君(6)が殺害された事件で、弘輝君の家族が19日、福岡県警捜査本部を通じて報道各社に取材自粛を求める文書を配った。

 文書は「報道の社会的使命の重要性は十分承知しておりますが、事件被害のため心身共に大きな衝撃を受けております。心情をお察しのうえ、取材ならびに報道を自粛していただきますようお願い申し上げます」などとしている。

福岡で小1男児殺害される 首に絞められたあと
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/179545/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/180291/
18日午後4時ごろ、福岡市西区小戸の小戸公園内のトイレ脇で、近くの小学1年、富石弘輝君(6)が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。首に絞められたようなあとがあり、福岡県警は殺人事件として捜査を始めた。

 調べによると、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息とみられる。弘輝君は母親と一緒に公園で遊んでいる途中で行方が分からなくなった。母親がトイレに入った2、3分の間のことだったという。周囲にいた人らが公園内や近くの海岸などを捜していた。

 捜索に加わった人によると、弘輝君は子ども向け大型遊具のそばにあるトイレ外壁と柱のすき間で、ぐったりした状態で見つかった。呼び掛けても反応はなく、近くに弘輝君のものとみられるサンダルが落ちていた。

小1殺害「母さんいらない」に絶望、ホースで首絞める
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20080924-OYS1T00220.htm
福岡市西区の小戸(おど)公園で、近くの市立内浜小1年、富石弘輝(こうき)君(6)が殺害された事件で、母親の会社員薫容疑者(35)が、「公園のトイレで介助を頼んだら、『病気のお母さんなんかいらない』と言われて絶望し、ビニールホースで息子の首を後ろから絞めた」と供述していることが23日、わかった。

 県警は、難病を抱えていた薫容疑者が、弘輝君の言葉にショックを受けたとみている。

 薫容疑者は、18日午後3時20分ごろ、公園の公衆トイレの身体障害者用スペースで弘輝君を絞殺し、トイレ裏側のすき間に遺棄したとして、22日に殺人、死体遺棄容疑で逮捕された。

 捜査関係者によると、ホースは魚を飼う水槽に空気を送り込むための細いもので、長さは約50センチ。タオルのような布で巻き、自殺するためにバッグに入れて持ち歩いていたという。薫容疑者の供述通りに、親族宅のゴミ箱から発見、押収した。このホースで首を絞めた疑いが強いとしている。

 県警は当初、弘輝君が外出する際に首から下げていた携帯電話のストラップ(首ひも)が凶器に使われたとみていた。

(2008年9月24日 読売新聞)






発達と障害を考える本(4) ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち 
「わがままな子」と言われ、先生にもともだちにも理解してもらいにくいADHDのこどもたち。ADHDの特性から起こる問題行動を、本人の視点から見て考えることで、障害の本質を探ります。


●この本の構成
 おともだちしょうかい
1 どうしよう!? こんなとき
 しょうたくんの場合 わすれものが多すぎる
 だいきくんの場合 教室の中を歩き回る
 あやかさんの場合 約束をすっぽかす
 ひとみさんの場合 教室にいるのがいや
 こうすけくんの場合 休み時間にけんかばかり
2 ADHDって何?
 ADHDは自分をおさえられない障害
 ADHDといわれる基準
 ADHDとほかの障害
 ADHDの人たち
 ADHDをもっと知るために
 保護者の方へ
 参考文献など
この本では、ADHDのあるおともだちの行動を通して、具体的にどんな障害であるのかをしょうかいしています。周りの人がADHDのおともだちの特徴や気持ちを理解し、その人の立場になって考えることができたら、みんなも、これまで以上にくらしやすくなるでしょう。
第1章 どうしよう!?こんなとき(しょうたくんの場合 わすれものが多すぎる/だいきくんの場合 あちこち歩き回る/あやかさんの場合 また約束をすっぽかした/ひとみさんの場合 教室からいなくなる/こうすけくんの場合 休み時間にけんかばかり ほか)/第2章 ADHDって何?(ADHDは行動面にあらわれる障害/いろいろなADHDのあらわれ方/ADHDの人とつきあうには/ADHDとほかの障害/ADHDの人が大人になると ほか)


AD/HD(注意欠陥/多動性障害)のすべてがわかる本 健康ライブラリーイラスト版

1 あなたがいますぐできること(ストーリー―うちの子がAD/HD?/知る―AD/HDは、心の病気なんだろうか ほか)/2 気づいてあげたい、悩みのサイン(ストーリー―学校に行くと、トラブル続き/サイン―授業中、じっとしていられない ほか)/3 AD/HDを正しく理解しよう(ストーリー―原因は、しつけが悪かったから?/原因―主な原因は脳の機能の障害 ほか)/4 困ったときは専門家に相談(ストーリー―一生、治らないものなのかな/相談先―まず、だれに相談すればいい? ほか)/5 保護者の役割と教師の役割を知る(ストーリー―自分の役割が、わかってきた/保護者の役割―適切なほめ方、しかり方を知る ほか)


子どもの心の病気がわかる本


健康ライブラリーイラスト版

本書では、「あって当たり前」のことから「本格的な手助けが必要」という状態まで、子どもの心にトラブルが生じたときの対応策を解説している。
1 子どもの心のトラブルサイン(ことば―話さない、話し方がおかしい/こだわり―特定のものや行動などに強く執着する ほか)/2 子どもの心は発育途中(心の発育―子どもの心は揺れながら育っていく/心の病と発達―親ですべてが決まるわけではない ほか)/3 対応がうまくいかないとき(「受け止める」といっても―何を考えているのか、話してくれない/「受け止める」といっても―訴えの内容に同意しがたい ほか)/4 心のお医者さんにかかるとき(相談・受診のめやす―何ができるか、迷ったときが支援の求めどき/相談・受診先―まずは足を運びやすいところから ほか)/5 子どもの心の病気と障害のいろいろ(診断の受け止め方―受容までに時間がかかるのはみな同じ/診断名―AD/HD(注意欠陥/多動性障害) ほか)


第1章 発達障害を知る(自閉症スペクトラム障害(ASD)/注意欠陥多動性障害(AD/HD)/学習障害(LD)/はじめにすること)/第2章 共感しあえる仲間とともに(「ほがらか」ができるまで/「ほがらか」の活動紹介/「ほがらか」の今後)/第3章 発達障害をもつ子の子育て(みんな一緒だよ/無限の可能性/みんな、いっしょだよ/Kとともに/この子の母として/ノーテンキママの子育て/始まったばかりの旅へ)


星野先生の知って良かった、アダルトADHD
専門医の少ないアダルトADHDに古くから取り組んでいる著者の決定版アダルトADHDのすべて。
第1章 アダルトADHD概念の登場/第2章 歴史上有名なアダルトADHD者/第3章 アダルトADHDの事例/第4章 アダルトADHDの症状と自己診断/第5章 アダルトADHDによくみられる合併症/第6章 ADHDはどのような原因によって起こるか/第7章 思春期に二次障害を示しやすい理由/第8章 こうすればアダルトADHDが予防できる/第9章 アダルトADHDの周囲の人へのアドバイス/第10章 アダルトADHD者へのアドバイス/第11章 アダルトADHDの心理カウンセリングと薬物療法/第12章 知って良かったアダルトADHD―精神科医のADHD体験記

家族のADHD・大人のADHDお母さんセラピー


お母さんが楽に、元気に、ハッピーになる本
こんなあなたの力になります、絶対に!―お母さん自身が、自分はADHDかなと思っている方、成人した子どもがADHDではないかと思っている方、強引で頭ごなしに怒るなど、ADHD的な夫の症状で困っている方、ADHDと診断された子どもを持つお母さん、ADHDと診断されている女性。こうすれば日々の暮らしが快適になる―そんな「はじめの一歩」を踏み出すための本です。
ADHDは子どもだけでなく家族のメンバーにも。切り盛りするお母さんは大変です/お母さん、あなたも実はADHDではありませんか/大丈夫!こうすれば、あなたもきっとうまくいく(「生活全般の段取りの悪さ」はこの手で解決/「片づけ」がどうしてもうまくいかない人のための実践講座/「家族関係」がギクシャクしがちな人の解決策とは/「家族以外の対人関係」が苦手な人のためのちょっとした対策集)/自分を愛そう、自分自身にもっと自信を持とう


当事者が語る大人のADHD


私たちの脳には翼がある!

わかってほしいADHDとして生きること!豊富なアイデアや特別な才能があるといわれながら、努力しても失敗の連続、失う信用。社会の偏見も加わって、まさに置き去りにされる大人のADHD。そんな当事者の体験談から、「個性」と上手につきあい能力を発揮する実践法まで、ADHDの現実と希望を描きだす。
プロローグ 私たちの脳には翼(はね)がある!/1 医者も知らないオトナのADHD/2 当事者それぞれの自分との闘い/3 あなたの「翼」をよく知るために/4 さあ、あなた自身のリハビリを始めよう!/5 再び、エジソンはADHDだった?/エピローグ ADHDの役割


ADHD(注意欠陥/多動性障害)


21世紀カウンセリング叢書

第1章 ADHDとは何か/第2章 ADHDの歴史を細かく知る/第3章 ADHDの現在/第4章 ADHDの日常性とその対応/第5章 大人のADHDについて/第6章 ADHDと合併症状(comorbidity)/第7章 ADHDと親の問題


「わかっているのにできない」脳(1)


エイメン博士が教えてくれるADDの脳の仕組み 


ADD(注意欠陥障害)は実在の障害なのか?それともただの言い訳なのか?本書の登場で、こんな論争には終止符が打たれる。一万人の脳の画像が語るADDの脳の仕組みと6タイプ別ADD具体的対処法。

第1部 ADDを知る(等身大のADD―ADDの人はどんな人生を送るのか?/ADDだと何が起きるか?/ADDの脳を探る―精神医学におけるSPECT手法の発達/エイメン・クリニック式ADD分類チェックリスト)/第2部 ADD:6つのタイプ(タイプ1 典型的ADD/タイプ2 不注意型ADD/タイプ3 過集中型ADD/タイプ4 側頭葉型ADD/タイプ5 辺縁葉型ADD/タイプ6 「火の輪」型ADD/頭部外傷とADD/家族にADDの人が複数いる場合/ADDと物質濫用/脳がしかけるネガティヴ・ゲーム/ADDの影響)


「わかっているのにできない」脳(2)


エイメン博士が教えてくれるタイプ別ADD対処法 


ADD(注意欠陥障害)の脳の機能を、最高に引き出そう。食事、薬、運動、サプリメント、ニューロフィードバック。自分のADDのタイプがどれかを知れば「ADDとの生活」はよりよいものになる。一万人の脳の画像が語るADDの脳の仕組みと6タイプ別ADD具体的対処法。
第3部 エイメン・クリニック式ADDの脳強化プログラム(ADDの脳の機能を最高に引き出すには/タイプ別ADD食餌療法/ADDの薬物療法/ADDタイプ別・サプリメントの使い方/ADDタイプ別・ニューロフィードバック)/第4部 ADDとの生活を最高のものにするために(ADDに負けない家族の関係をつくるために/学校生活のストラテジー/ぐっすり眠り、すっきり目ざめるために/ADDとANT(自動再生式悲観思考)―トラウマや恐怖、失敗を克服する思考法/集中のための呼吸法/ADDコーチング(ADDコーチ、ジェイン・マッキンゼルとの共同執筆)/自己催眠・成功するための再プログラミング/(エメット・ミラー医師との共著)/ADDの治療が効かないとき/専門家との出会い)









posted by news at 15:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。